« きぼう! | トップページ | 解決! »

鍬掛け作り!

ぽかぽか陽気で、すっかりです。

「阿見農園」での作業も楽しくなってきました。

作業をするとなると、になるのが、道具です。

鍬やスコップ、その他名前が分からないのですが、溝をかく物(畝を作り、その横をかく)をいつも雨ざらしにしていたので、使い物になりません。何とかしなくちゃ・・・・っといつも考えていましたが、やはり思いつくのは、田舎での方法です。

棒を横にし、両端をつるし、そこに掛ける方法しか思いつきません。

今日はそれを作りました。名前は「くわかけ」とでもしましょうか。

棚用の金具を100円ショップで買ってきて、それを離して取り付けました。

それに、丸棒を通し、ひもで落ちないように縛った簡単なものです。

棒のところに鍬の先を引っ掛けて置くと、土で湿った鍬の先が自然に乾きます。

雨でも濡れることが少なくなり、鍬の持ちもよくなると思います。

昔の人のやり方には工夫が感じられますね~Vfmi1807

写真は、チューリップですが、3日前より芽が伸びていました。

|

« きぼう! | トップページ | 解決! »

きょうの作業日誌」カテゴリの記事

コメント


 農具は牛や馬とおんなじです。
 使った後はきれいに洗って、次にすぐ使
 えるようにきれいにして飾っておきます
  ちょっと使ったときにも洗います。
 さっぱりした道具が揃っていると鼻が
 ピクピクして自慢したくなります。

投稿: みえやっこ | 2008年3月16日 (日) 21時49分

みえやっこさん、コメントありがとうございます。
新しい物はきれいにしてログハウスに仕舞っていましたが、普段使いの物は外に置いていました。
ログハウスの中がいっぱいになり足の踏み場も無くなり、四苦八苦状態ですから、外回りを上手く活用する工夫をしています。
この状態でも「耕運機買ったら?」と言ってくる業者もいます。
もちろん「置く場所が無いから買いません」と言いますが・・・・・

投稿: すみれ | 2008年3月17日 (月) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍬掛け作り!:

« きぼう! | トップページ | 解決! »