« ココスサミット! | トップページ | 冷静に・・・! »

障子張り!

障子を張替えました。

4年経つと、破れてなくても色あせて、部屋が暗いように感じます。

最近流行りの、アイロンで張る障子紙が1枚分あり、家事の合間に取り掛かり、今までのものを剥がします。

雑巾をぬらし、桟をなぞり、浮き上がるのを待ちます。

その間に洗濯物を干します。(これは関係ない)

そ~っと剥がすと、気持ち良く剥れます。

そして、アイロンのスイッチON、中温にして、障子紙を広げ4隅をセロテープで動かないように仮止めしておきます。Vfmi1097

アイロンで桟をなぞればOKです。

その後、周りをカッターで切ります。(この時は神経を使います)Vfmi1096

その後、もう一度周りをアイロンで抑えて出来上がりです。

最近の住宅、障子自体少なくなり、短時間で出来るこの作業は重宝かも・・・・・。まだ改良の余地があると思いますが、私には良いアイデアは浮かびません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談ですが、宇宙ステーションに日本の「きぼう」が取り付けられ、その入り口に「きぼう」と書いたのれんが掛けられましたね~日本の象徴の、のれんだそうです。

最初、ラジオでこのニュースを聞いた時、長い丈の布かと想像し、え~っありえない~と思いましたが、今朝のテレビニュースの映像で、短めの可愛いのれんで、素敵に見えました。(めでたし、めでたし)

|

« ココスサミット! | トップページ | 冷静に・・・! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


 昔、実家では6月になると家の中も衣替
 をしていました。襖をはずしてゆかた地
 で縫ったのれんをつっていました。
 上座敷と座敷の間、座敷と中座敷の間、
 中座敷と南の間の間、南の間と中の間の 間の4箇所に真ん中の一間だけのれんが
 ぶらさがって夏のシツラエになっていま
 いたっけ。
  みんなおぼえていた? 

投稿: みえやっこ | 2008年6月 7日 (土) 20時18分

みえやっこさんコメントありがとうございました。
私は若いので覚えていません。
レースののれんを南の間の北側につるしてました。柱時計が見えなくてジャマでした。
昔は、中の間や座敷、奥座敷は部屋の真ん中に畳を積み上げていましたね~上って遊んでいました。
今では信じられないことが多々ありました。昔と価値観が変わり、今と比較はできませんが・・・・。不思議なことだらけです。

投稿: すみれ | 2008年6月 7日 (土) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障子張り!:

« ココスサミット! | トップページ | 冷静に・・・! »