« ラッキーデー?! | トップページ | 健康管理! »

江戸時代!

今読んでいる本、「カムイ伝講義」(田中優子著)は、年初めに丸善で購入した著書である。

副題は、「カムイ伝のむこうに広がる江戸時代から今を読む」、そして、現代の格差社会から脱出するヒントになるらしい。

著者の田中優子さんは、法政大学社会学部の教授で、江戸時代の庶民の生活を学生に伝えるにはどうすれば良いのか?(現代とはかけ離れた生活で伝え切れない)ということで、漫画「カムイ伝全集」を使って教えることにしたそうだ。

漫画「カムイ伝全集」は白土三平さんが書いた36巻からなる大作、それを元に、付け加え説明されているので分かり易くなっている。

私達、比較的現代人は「歴史から学ぶ」と言われて育ったが、その歴史を教わっていない。

年表での暗記が主で、庶民生活や苦労からの脱却など皆無に等しい。

江戸時代という戦いのない平和な時代から見ると庶民生活が生き生きしていることが分かってきた。

江戸時代の、武士の在り方がすべてのような「大河ドラマ」を見せられるとその他の人々の生活は影がうすく、絢爛豪華な衣装に目を奪われていた自分も反省しなければならない。

この本、読み始めからまだ半ばで、理解力も遅れ気味でここに書くにはまだまだだが、一例を挙げてみると、「日本人の繊維は絹織物が先に発達、木綿は輸入していた」とは・・・・・

綿花栽培には肥料と管理が必要で、品種改良される江戸時代までは朝鮮や中国からの輸入に頼っていたらしい。

輸入木綿は太く、作業着や馬具、旗などに用い、着物には以外にも絹製品中心だったようだ。

布団、木綿布団ではなく絹繊維(真綿)だったらしい。

著書の中には図入りで説明されているので興味をもたれて方は是非購入し、学んでみてはいかがでしょう。Vfmi1993

その綿花栽培に関連して、肥料の作り方や用い方も記載されています。

著者の田中優子さんの研究も素晴らしいものがありますが、それらを書き物で残している庶民や、書物を保存していた先人の素晴らしさも誇るべきです。

がんばれ日本、日本人!!!(日本政府と政治家)

*********************************************

麻生政権、解散総選挙はいつ?とマスコミで話題にしますが、私はそれよりも、「小選挙区を辞めて!中選挙区で投票したいです」。

|

« ラッキーデー?! | トップページ | 健康管理! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代!:

« ラッキーデー?! | トップページ | 健康管理! »