« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

赤痢で入院!

小学4年生のこと、春から夏にかけて町内で赤痢が大流行、この病気は隔離され即入院させられる。

赤痢の患者は小学校に集められ、症状によって区分けされ、私は下痢と嘔吐、食欲も無くぐったりしていたので重症患者の部類になり、車で病院に運ばれた。

その病院が交通事故で運ばれた病院だ。

隔離病棟に入るとすぐ点滴が始まった。
その点滴、今では簡単に出来るけど、まだ点滴注射の方法が始まったばかりで、スタンドが無い。
無い時は人海戦術になり、一人の小学校の先生が手を挙げた。ただ持ってるだけだから簡単と思ったのでしょう。何時間も持つことになり、寝ている私も気の毒に思うほど。先生はベッドの上に登り、高くすると早く点滴液が落ちるのではないか?って、その気持ちはよくわかるのだけど私はどうすることも出来ないし、気の利いた言葉も掛けられなかった。

病状はみるみる回復に向かい、次の日から点滴は無く太い注射器での注射になった。
食事はまだ、3日目辺りから おもゆ が出るようになりそれが1週間ほど続いた。

そのころになると病室を回って、友達はもちろん近所のおばさんやおじさんなども入院してきていたので寂しくなかった。

担任の先生も時々お見舞いに来てくれ、その時スケッチブックとクレヨンを戴いた。

漫画雑誌などは母が持ってきてくれた。面会が出来ないので看護婦さんが間に入って手渡された。
その漫画雑誌には、食べ物が図解入りで載っていたのでスケッチブックに同じように描いていると、それを見た先生が「毎日おもゆばかりでかわいそう」と思ったのでしょう。後でわかったのだけど、教室で他の生徒にそのことを話したらしい。私はそんなことが起こってることを知らず、そのつもりで描いたとも思わなかったのでビックリだ。

おもゆ が終わると おかゆ になり、米粒が3,4個入っていた。でも希望が湧いてきたのでめきめき元気になり1週間後には かたいおかゆ が食べられるようになり、病室は大部屋に移った。
治療は相変わらず太い注射器で注射、良く観察すると、血管に針が刺さると血液が逆流して注射器の中に入って来る。それが合図のように液を入れ始め、1本終わるのに10分くらい掛かったから、昔の看護婦さんは大変な作業だったと推測される。

1か月ぐらいで退院、家に帰ると、「役場のひとが家の中全部消毒して行って、大変だった」と、元はと言えば、姉が最初に掛かり、姉は自宅で治療をして私に移したのだから「だれの責任?」

役場でも赤痢という病気のことを調べるため、次の年とその次の年、赤痢になった人を集め肛門からガラス棒を入れ検査に回された。年頃の女子、この時が一番恥ずかしかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

扁桃腺!

私は冬になると高熱が出て学校を休みがちになる。

それを心配した父が「熱を出すのは扁桃腺が腫れるから」とどこからか情報を得てきて、病院好きということもあり、「○○診療所では腕の良い扁桃腺の手術をする先生が来た」などと、早速、私に白羽の矢が当たったのだ。

その手術は私が小学3年生の夏休みになった。

朝食を摂らずに母と電車に乗って○○診療所へ行き、ベッドに寝かされ腕に注射をされ、今度は手術用の椅子に座らされ目隠し状態なので回りが見えない。

先生は、「はい!口を大きく開けて」
喉のところに器具を入れ、聞こえてくるのはガチャガチャと金属の音のみ、「はい!大きく口を開けて」

患者の私も、時間が過ぎると大きく開けた口がだるくなってゆるみがち。「はい!大きく口を開けて」

この言葉も頻繁になり、子供心にも「まだ終わらないのかなあ・・・・」そんなことを思っているといきなり痛みを感じて「う!」つい顔の前にあったアルミの皿をひっくり返してしまったらしい。目隠しをされているから分からないけど、手術が終わってから、母から聞いた話によると、その皿は私の膝の上に置いてあり、痛みとともに思わず膝を持ち上げたらしい・・・皿の中に入っていた取ったばかりの扁桃腺と血液が先生の白衣に掛かり白衣が真っ赤になったようだ。
処置が終わって、しばらくすると流動食が食べられるということで、母は私に練乳を持ってきて飲ませてくれた。

それは初めての味、不味いけどがまんをして飲んだ。
緊張すると吐くという癖があるので電車の中で吐いてしまったけど。

私の手術の成果をみて、父は「これは良い」と思ったのでしょう。次は妹、その次は姉と姉妹全員この手術を受けた。
姉が手術するころには病室も整備され入院して治療をした。やはり夏休みのことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流行歌!

歌が好きな私はラジオで聞いた歌を何度も無言で歌っていて、つい口を半開きのまま過ごすことがままありました。
歌詞も覚え間違えることなく歌える様になった私は、自信満々、大声で歌っていると親が跳んできて怒ります。「そんな歌唄ったらいかん」
子供の私は何に怒ってるのか分からずキョトン。
その頃はフランク永井の流行歌「好き好き」等、歌詞が過激でそれを注意していることが分かったので人前では歌わなくなりました。
それでも歌が好きだから、また以前の私に戻りました。

中学生、高校生ではコーラス部に入り思う存分歌えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

診療所通い!

私は、小さい頃から歌が好きで、こころの中で歌っていました。それを見た父が、いつも口を開けているので鼻の病気、蓄膿症だと思い込んでいたらしく、小学1年生の夏休みになると「診療所へ鼻を洗いに行け」といわれました。
そこには叔母が看護師として働いていたのでしばらく通うことになりました。

夏の暑い午前10時、毎日汗をかきかき1.5キロほど歩いて通いました。診療所に着くと大量の汗。

診療所では、今でいう点滴装置のような器具があり、上に水を貯めて管から下に降ろします。管の先にはクリップが付いていてクリップをつまむと水が出ます。水を鼻の穴に入れ吸うと水が入りツ~ンと頭が痛くなります。最初は慣れないので横に反れたり上手く水を吸うことができませんでしたが、段々上手になり夏休みが終わるころには習慣になり洗うのが快感になりました。

そして1年後、2年生になると、自転車に乗れるようになり、どこに行くにも苦になりませんから、今度は自分から「鼻洗いに行く」と言って通いました。蓄膿症でないから何の改良もありません。

この蓄膿症疑惑は、大きくなっても疑われていたらしく、何かあるたびに蓄膿症の手術の様子を聞くことになりました。「○○さんは手術の時、頭に近いところだから麻酔なしで手術して、痛くて暴れるから大人数人で押さえて大変だった」って、
私は只黙って聞くしかありませんでした。(笑)

明日は、流行歌について書こうと思います。(興味の無い方はスルーしてください)Vfmi3409

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故!

子供の頃の思い出、今日は 交通事故 に遭ったことを・・・・

それは、姉の小学校入学式の帰り、国道を横断しようと待っていた時のこと、左からトラックが来ました。
子供だからトラックのスピードが速いことに気づかず横断するとトラックにはねられたらしい・・・・小さいから分からないけど、気が付いた時はトラックの荷台に座っていました。そのトラックの荷台には墓石が積んでいて、その墓石に座らされていて母の手には白いハンカチが握られていて、赤い血で染まっていたことを鮮明に覚えています。
次に気が付いた時は、病院の敷地の中に入って、トラックは坂道になっているところでヒューンって、建物と建物をつないでいる廊下のようなものが少し高くなっていました。それも鮮明に覚えていて、それから数年して、町内で赤痢が流行った時、同じ病院に運ばれ廊下を見つけ「以前見たことがあるこの病院だって」確信しました。

話が反れましたが、病院に着くとベッドに寝かされ頭の傷口に薬を塗られました。「痛い」っと言うと先生は「そんなことはない」って、本当は「冷たい」と言いたかったけど小さいから間違えました。(笑)

傷は大したこと無く、少し縫って帰されました。そして数回傷口の消毒と抜糸をして完治しました。
大人になった今でも頭の後ろには縦に4cmほどの傷があります。

私は運良く後遺症もなく生きていますが、交通事故と聞くと「ハッ!」っとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あずま袋!

2か所縫えば出来上がるという、 あずま袋 を作ってみました。

最近は、手ぬぐいを3等分に折って端を2か所縫うだけ、昔、子供の頃おばあさんが持っていたのを覚えています。
ちょうど手ぬぐいがあったので作ってみると、普段と違う作り方なのでちょっと戸惑うところもあり、マチのところを間違えましたが何とか出来上がりました。

早速買い物の時持ってみました。軽いし小さくなるのでエコバッグの中に入れられるから使い方に依って便利かも知れません。Dscf6765


| | コメント (0) | トラックバック (0)

手作り恵方巻!

巷では、節分前なので 恵方巻 の予約を呼び掛けている。

私が生まれた四国では聞いたことが無かったが、コマーシャルをバンバン打つものだから自然に全国区になってしまった。
今では恒例行事になり、恵方(今年は北北西)に向かって巻きずしをほおばると運が開ける?らしい。
買っている人は見かけるが、運が付いたようには見えないから只の迷信なのかも・・・・

私は巻きずしは別の日に美味しくいただきたいので、今朝は布製の巻きずしを作ってみた。
これで運を呼び寄せることができればラッキーなのだ。Dscf6766

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとう!

今日は火曜日の買い物日です。
いつもの「生協」に行くと、入り口の目立つところに 稀勢の里優勝おめでとう の看板がありました。
セールはしてないようです。駅前のお店ではセール30%引きだとか・・・・皆、そちらに行ったようです。

今日の「生協」はポイント5倍なので、売り場の棚には沢山の種類の食材が載っていたので、夕食の献立は すき焼き にしました。

いつものコーヒー豆は100円安いし、即席しるこも100円安くなっていたので買ってきました。(笑)


話は変わりますが、
先日、エントランスで5階に住んでいるWさんに逢いました。
「火曜日のかっぱつ体操お茶のみだけでも来たら?」って言われました。
でも今日は3週目だから休みです。(残念 切る)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知名度最下位から今だけ知名度一位に!

茨城県は、いままでは「知名度最下位」でしたが、昨日の春場所で優勝した 稀勢の里 のお蔭で今だけ知名度一位になりました。(パチパチ)
そして、横綱になりそうなので、 稀勢の里 の名前は残りますが、茨城県は忘れられそうです。
これを機会に後2.3個、有名な物を出さなければ・・・・・牛久大仏は出てるけど、茨城にあることは知られていない。
県庁所在地の 水戸 が今元気がないので、ここを何とかしなければと日々考えてはいますが、私は県知事でも水戸市長でもないので、ただの 大きなお世話 ということです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出席簿!

昨日は昔の元旦事情を書きましたが、今日は昔の出席簿のことを・・・・・

現在の出席簿(出席番号)はあいうえお順ですが、昔は小学生1年と2年は誕生日順でした。

私は11月生まれなので、どちらかというと後ろの方で、同じ11月生まれの人といつも一緒といった具合でした。
壁には4月から3月までの絵が描いてあり、そこにはその月に生まれた人の名前が書かれていました。
大体、花の絵が多く、4月はサクラ、5月は菖蒲、6月はアジサイなど、そこに名前のシールを貼って6月など大勢の名前で絵が見えなったりします。

私は11月、菊の花か紅葉が多くシールは二人分でした。(誰だったかなあ)

入学してすぐの身体検査などで並ぶ時は出席順、身長体重を測り、内科医の検査も出席順でした。
近所に友達が居なかった私はいつもドキドキ、2歳上の姉が居ないと寂しくて泣いてばかりいたそうです。

こんなウブだった私も、あれから60年経ち、今ではどこにいっても一人の方が楽になりました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元旦の思い出!

今日は何の話題も無いので、私が小学生の頃の思い出を一つ

昔、昔、もう60年も前のこと、
お正月の元旦には登校をして校長先生のお話を聞き、教室ではみかんを貰いました。1個の時もあり、2個の時もあり、多分学年によって違っていたのかも知れません。

正月元旦は学校があるので、家族全員どこにも行かず寝正月が普通でした。
いつも畑や田んぼで働いていた両親も家に居てみかんを楽しみに待っていたと思います。
コタツの中で迎えてくれるのは嬉しいもので、みかんを見ながらカルタやトランプや将棋をして楽しみました。

元日にはお年玉をもらっても 一年の計は元旦にあり ということで、この日は買い物はしません。無駄遣いをすると1年中お金が出るので慎ましく生活をしている人は出かけないのです。
近所のお店などもお休みです。

2日からは開店しているので、子供達はお年玉を握りしめおもちゃやお菓子を買いに出ます。

これが一年で一番楽しい時間でした。

母の実家ではいとこが集まり、叔父や叔母からお年玉をもらって近所のお店へ繰り出します。
いとこが多いのでおもちゃなど全部買い占めた時もたびたびありました。一人が買うと皆欲しくなるのです。

ある日、長い風船を買うことになりました。ほとんど全員が買ったのでお店の中の風船が全部売れてしまいました。出遅れた私などは買えなくて皆が持っている風船が欲しくて、欲しくて・・・・・

今思い出すと懐かしい風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝からカツ丼!

昨日、スーパーでカツ丼を見つけ カツ丼 が食べたくなりました。
でも、良いトンカツ肉を見つけたので昨夜は トンカツ にし、1枚取って置きました。

今朝は、それを カツ丼 にして食べました。

今日は寒く雪もチラリ コタツに入って昼寝をしてしまいましたから、朝の かつ丼 のカロリーの消費が出来ていません。お腹のゼイ肉になっていると思います。(トホホ)
Dscf6742_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

食欲と戦う!

最近、肝臓が良くなった所為か、食欲が出てきました。

以前は食欲が無く、何を見ても欲は無く、義務的に食事をしていたので、少しのご飯と佃煮3種と漬物で済ませていました。食事中も一気には食べられず途中 食休み を入れながら少しづつ食べていました。

ところが、ところが、それらは肝臓が悪かったという結論に達しました。、最近は何を見ても食べたい・・・・・
スーパーに行くと食べたい物ばかりでそれらと戦っています。


話は変わりますが、
独身時代に縫ったプリーツスカート、生地が良いのでウエストサイズを直しながら未だに履いています。
それを直さなくても良いように、細くなったまま履きたいのです。
他にも数点細身に直した洋服がありますから、しばらく 食欲と戦う ことになるでしょう。Dscf6740_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

断捨離中!

先日から、本だなの古い本を断捨離してます。

見なくなった雑誌やマニアル本はネット時代には必要なくなりました。(検索すると出てくる時代)
時代遅れの地図や観光ガイドも必要ありません。
先ずは必要な物と不必要な物を仕分けして、必要な物は最小限にして頭を使います。

今日は、40年前の新婚旅行のパンフレットなど色あせたところに価値があるのかな?でも捨てました。
この捨てる定義は、居なくなった時後の人がどう扱うか?そこに基準を合わせました。(全部かも・・・)

小さな字が読めなくなりつつある今日この頃、1時間作業すると目が疲れました。
全部終わらせるまでには、まだまだ時間が掛かるでしょうね。Dscf6734


| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活!

ここのブログ、昨年の11月で料金が掛かるメールが届きまして、一旦取りやめることをお伝えいたしましたが、その後何の連絡もありません。

そこで、そのまま復活したいと思いますので、今後ともよろしくお付き合いくださいますよう、お願い申し上げます。Dscf6701


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »