« 流行歌! | トップページ | 赤痢で入院! »

扁桃腺!

私は冬になると高熱が出て学校を休みがちになる。

それを心配した父が「熱を出すのは扁桃腺が腫れるから」とどこからか情報を得てきて、病院好きということもあり、「○○診療所では腕の良い扁桃腺の手術をする先生が来た」などと、早速、私に白羽の矢が当たったのだ。

その手術は私が小学3年生の夏休みになった。

朝食を摂らずに母と電車に乗って○○診療所へ行き、ベッドに寝かされ腕に注射をされ、今度は手術用の椅子に座らされ目隠し状態なので回りが見えない。

先生は、「はい!口を大きく開けて」
喉のところに器具を入れ、聞こえてくるのはガチャガチャと金属の音のみ、「はい!大きく口を開けて」

患者の私も、時間が過ぎると大きく開けた口がだるくなってゆるみがち。「はい!大きく口を開けて」

この言葉も頻繁になり、子供心にも「まだ終わらないのかなあ・・・・」そんなことを思っているといきなり痛みを感じて「う!」つい顔の前にあったアルミの皿をひっくり返してしまったらしい。目隠しをされているから分からないけど、手術が終わってから、母から聞いた話によると、その皿は私の膝の上に置いてあり、痛みとともに思わず膝を持ち上げたらしい・・・皿の中に入っていた取ったばかりの扁桃腺と血液が先生の白衣に掛かり白衣が真っ赤になったようだ。
処置が終わって、しばらくすると流動食が食べられるということで、母は私に練乳を持ってきて飲ませてくれた。

それは初めての味、不味いけどがまんをして飲んだ。
緊張すると吐くという癖があるので電車の中で吐いてしまったけど。

私の手術の成果をみて、父は「これは良い」と思ったのでしょう。次は妹、その次は姉と姉妹全員この手術を受けた。
姉が手術するころには病室も整備され入院して治療をした。やはり夏休みのことである。

|

« 流行歌! | トップページ | 赤痢で入院! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194456/69428135

この記事へのトラックバック一覧です: 扁桃腺!:

« 流行歌! | トップページ | 赤痢で入院! »