« 阿見農園は花盛り! | トップページ | 20歳の私! »

私の19歳!

私の19歳は波乱に富んでいる。
18歳で高校を卒業し、就職試験を2か所受けたがどちらも受からなかったから、高校3年生から習っていた編み物を続けることにした。

編み物は季節によって忙しい時と暇な時があり、秋から冬は忙しく、春から夏は暇。
その頃は、編み物も上達していたので先生と一緒に手芸講習を手伝うことになり、坂出や丸亀の講習についていき助手をしたりした。
そんなこんなことがあり、ある日、先生が交通事故に遭い入院することになった。
その時にも編み物の仕事(先生が受けた注文)をこなすために留守中なのに一所懸命編み物をしてお客さんの注文に応えていた。後になってこれが仇となったことに気づく。(若気の至り)

そして先生が退院、留守の間に無くなってる物はないか?
白色の毛糸が少なくなっていることになり、私に疑いが掛かり辞めることになった。

それが7月ごろ、ちょうど暇な時で、家に居ると父が、「暇だったら裏山の草取りしたら?」ということになり、几帳面な私は、この時期は草が伸びるということを忘れていて、端の小さな草から取り始めた。
1週間ほど毎日取ってもなかなか進まない。その間にも草は伸び、真ん中辺りの草が大きく伸び収拾がつかなくなった。全部の仕事が出来なかったので報酬は無くなり、奉仕となった。

お盆が終わると再び暇になり、9月に行われる 編み物検定に挑戦、問題に挑み見事1級に合格。
その時、偶然に会った高校のクラスメイトのTさん(旧姓Uさん)は2級に挑戦合格した。

そして、シルバー精機から インストラクター制度 という指導員の講習2か月があるのを知り応募することにした。締め切りが10月末だから、年齢の欄は19歳で応募した。

これも運良く合格、次の年、成人式が終わり、松江旅行の後の2月、3月、東京新宿でみっちり受けることになった。

もう20歳の誕生日が過ぎていたので19歳ではないが、この講習の間は19歳の最年少で通した。

ということで、私のターニングポイントは19歳だったと思う。Dscf6701
これが無かったら今、実家から遠く離れた茨城までお嫁に来ていたかどうか?


|

« 阿見農園は花盛り! | トップページ | 20歳の私! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194456/70065733

この記事へのトラックバック一覧です: 私の19歳!:

« 阿見農園は花盛り! | トップページ | 20歳の私! »