« 帰りの新幹線にて! | トップページ | 就職決定! »

21歳から飯場でアルバイト!

この頃の世間の経済は右肩上がりで、皆、仕事が忙しくなってきたので、どの家でも電話が欲しくなっていた。

供給が間に合わなくて、町単位で有線電話を引き、交換手に電話番号を伝え繋いでもらうという方式で、それでも便利と思っていた良い時代。

私は夜間は洋裁学校に通っていたが、昼間は暇、その時ちょうど知り合いから「電話番の仕事があるんだけど・・・・」と声が掛かり、二つ返事で引き受けた。

それは、電話工事の飯場(はんば)、工事に出ている間に電話が掛かって来たら用件を聞いておく仕事。その他は何をしてても良いというので、子供の頃から習っていた算盤を持って行き練習していると、給料計算の仕事も与えられ重宝がられた。

時には洋裁学校の作品作りの布を持って行って切り躾をしたり・・・・・

1年経つと工事が終わり飯場は移動、一の宮というところに移ったので、私もアルバイトを続けることにして電車で通うことになった。その時は22歳。

この時の一の宮の事務所でお世話になった事務員(男性)から世間のことをみっちり教わり、これが今でも役に立っている。
給料の計算や図面のコピー、昼の給食など、今思い返しても良く働いたなあ・・・・(土、日は姪の子守)

そして、22歳の10月、「このままでは貯金が出来ないし、お嫁ににも行けない」と思って正式に勤めることにした。

続きはまた・・・・・・

|

« 帰りの新幹線にて! | トップページ | 就職決定! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194456/70111884

この記事へのトラックバック一覧です: 21歳から飯場でアルバイト!:

« 帰りの新幹線にて! | トップページ | 就職決定! »