« 明日出発! | トップページ | 鷲羽山夕景鑑賞バス! »

児島ひな祭り!

帰省途中、「児島」で降りてみました。

この町はマリンライナーは停まりますが、「こんなに大きくて歴史があるとは知らなかった・・・」っと今更ながら思い知ったということです。

先ずコインロッカーに行くとジーンズの写真の柄になっていて、すでに観光地でした。(感心)

観光案内で地図を貰い徒歩で出発しました。
運動不足なので少し不安を感じながら「15分で行けます」という言葉を信じて歩き始めると同じ方向に向かう観光客らしいグループを見かけました。

そして、ジーンズ通り、シャッターも見かけますがOPENのお店を覗きながら・・・店構えが素敵、置いてる物は同じものです。
その中で明るいお店を見つけ入ってみました。
そこには帆布を使ったトートバッグが陳列されていて、どれも使いやすそうでした。
「こんにちは!」っと入ると、芸術家の風体をした男性が・・・・その方はTシャツに模様を描く芸術家でした。
奥の方には大型の作品が飾ってあり、1枚の帆布に桜の柄を染めたのれんのような作品もありました。
トートバックを持ってみると、軽くて何でも入りそうな大口のバッグ、外にはポケットが数個あり、欲しくなりました。
「こちらのが16年使ったものです」
型崩れも色落ちも無く、新品のようでしたから、ちょっと小さ目なものを選んで妹のお土産用に購入しました。Dscf6825


そこを出てズンズン進み「旧野崎家」に向かいました。(塩作りの旧家)
のぼりが立ってるのですぐわかり、近づいてみると数人のスタッフが案内をしてました。(ボランティアのよう)
階段を登って入場料を支払い、お抹茶サービスの券も手に入れました。

ボランティアの人の案内で建物や歴史、ひな飾りなどを観てからお抹茶の席に行って見ると、ここは靴を脱いで入るようになっていて、この時、かがむと足がつりそうになり慌てました。

座敷に入ると、外から見たお雛様飾りの続きの間でした。
そして、床の間にもお雛様が飾ってあって、ゆったりした時間を味わいました。(抹茶茶碗もおひなさまの柄)
Dscf6835

そこを出ると、迎賓館の役目をしているという「たいひ堂」、ここは住民の方のお雛様を展示しているというのでそこにも行って見ました。
行く途中の自動販売機もジーンズ模様を採用していて、コインロッカーといい自動販売機といいジーンズの街は熱心です。Dscf6827


百畳ある部屋の中には、ひな壇をぎっしり並べてあり御殿のお雛様ばかりでしたから、今年はこのシリーズにしたのでしょうか・・・・・・
3日掛けて飾り、3日掛けて仕舞うそうですからボランティアの方も大変な労力です。

ゆっくり鑑賞して駅に向かい、夕方5時に出発の「鷲羽山夕景鑑賞バス」のツアーに参加しました。

つづく・・・・・・


|

« 明日出発! | トップページ | 鷲羽山夕景鑑賞バス! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194456/69838113

この記事へのトラックバック一覧です: 児島ひな祭り!:

« 明日出発! | トップページ | 鷲羽山夕景鑑賞バス! »