« おやつ当番! | トップページ | 電器屋さんにて! »

東日本大震災の次の日から!

当日のことはどなたも鮮明に覚えているようですが、次の日も、次の日も地震はあり、1か月程余震が続きました。
外に出ると原発の放射能が降って来るので「外出は控えてください」と言われ、コタツの守りをしていたので肩甲骨が動かなくなり五十肩になりました。(泣く)
テレビのコマーシャル、「こんな大変な時にコマーシャル何て不謹慎」という風潮が高まり、その代わりにしたのが金子みすずの詩を放送しました。

巷ではガソリンが不足、食料が不足ということで買い物に走る人が続出しました。
停電もしましたし、水道も止まり、下水道も壊れたので使用禁止になりライフラインのほとんど使えなくなりました。
さて、我が家と言えば、次の日(12日)早朝5時に食材を持って本宅に向かいました。
当日の夜、一旦は出発したものの、国道6号線が渋滞、1キロ進むのに1時間掛かったので引き返しました。
当日は金曜日、電車も止まり徒歩で帰宅する人が道路脇、自転車を買ってそれで帰る人も居ました。倒れたブロック塀も見ました。(この時はまだ屋根瓦は落ちてなかった)

次々発生する余震で家の中に居るのが怖いということで、車の中で過ごして人も居たようです。

本宅に着くと、長男は廊下で寝てました。「どうしてそこで?」という問いに、「いつでも飛び出せるように」だそうです。
近所の人たちは我が家の前の空き地に車を停め、その中で過ごしてました。

本宅は停電、水道、下水が止まっていたので、水は井戸水ですが、金気があったので一度沸騰させて冷めてから使うように教え、ご飯は鍋で炊くことを教え、おかずは有るもの(ふりかけのような)で食べるようにしました。
食器は昔の知恵、最後にお湯でごはん茶碗をすすぎ、そのお湯を飲むように教えました。

数日前にお餅を搗いて冷凍しておいたのでそれを石油ストーブの上に乗せて焼いて食べるようにし、煮炊きもこれを使うようにしたので大助かりです。

電気も水道も使えないので、私達は子供達を残してマンションに帰りました。
マンションでは水道だけ使えなくて、鍋に水を貯めていたので、これを使って2,3日生活しました。

後日談ですが、本宅の電気が比較的早く通ったそうで、長男の友達W君が避難してきました。(懐かしい思い出)

困ったことは、電車が不通でなかなか回復しなかったことです。

4月1日、伊豆の旅行を申し込んでいて、東京までどのようにして行けば良いのか考えあぐねていたところやっと回復して事なきを得ましたが、旅行会社から「4月1日は○○さんだけですけど2日はいかがですか?」という話になって急遽4月2日に変更になりました。
このツアーの話題も地震のことが多かったと思います。
「東北で地震に遭い帰れなかった~」っと添乗員さん、「大宮で地震に遭ってお寺に泊めて貰った」とか・・・・
伊豆のホテルのテレビでは引っ切り無しに「茨城震度3」とか言ってましたが伊豆は全然揺れませんでした。
旅行は2泊3日、こんな時でもマンションに着くと、「やっぱり我が家が一番ね~」となりました。(笑)


|

« おやつ当番! | トップページ | 電器屋さんにて! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194456/69923369

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災の次の日から!:

« おやつ当番! | トップページ | 電器屋さんにて! »