桃の節句!

昨日は3月3日の「桃の節句」でした。

我が家の長女のお雛さまは、長女が生まれた時、実家の母が、

「お雛さん、好きなもの買いなさい」っと言って祝い金を頂きました。

今から30年ほど前の話になります。

その時のコマーシャルは

「顔が命の○○♪」

友達は7段飾りやケース入り親王飾りなどを揃える人が多く、我が家はちょっと違った「木目込み人形」の段飾りで揃えることにしました。

そこで、水戸市内の老舗人形店に行き、予算内のものを選び購入いたしました。

そして、毎年、段飾りの前で記念撮影

0歳はおにいちゃんにだっこされた長女の写真

1歳はひな壇の前でお座りした写真

2歳は赤い晴れ着を着て、赤いほっぺの写真

3歳は私が子供の頃の晴れ着を着て、市松人形を抱えた写真

4歳は近所のお友達と晴れ着を着て、何やらカルタのようなものをしながらの写真

5歳は大きな赤ちゃんをだっこして苦しそうな写真

6歳は市松人形より背が高くなった写真

これが最後になりました。

市松人形、「目が怖い」と言いながら毎回嫌がってましたが、写真にはしっかり写っています。(笑)

今では出す機会を失い、天井裏に仕舞ったままでございます。

最近は全国各地で昔のものを展示し「町おこし」や「おもてなし」などで楽しんでいるのを観るにつけ、来年は出してみようかな・・・・などと思ったりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんばい!

7月1日は「半夏生」でした。

1年で一番日照時間が長い「夏至」から数えて11日目が「半夏生」だそうです。

母曰く、讃岐ではこの日のことを「さんばい」というそうです。

6月の田植えが終わり、慰労を兼ねてご馳走をこさえて食べます。

メニューは、昔から「麦だんご」と「きゅうりとたこの酢の物」に決まっているようです。

麦の収穫の後だから小麦を使った「麦だんご」、これは現代の「うどん」だそうです。

「きゅうり」は取れ始めかな?「たこ」は瀬戸内海で年中よく獲れます。

これらが元でしょうか?

7月2日は「うどんの日」だそうです。

偶然にも今日親戚から「冷凍うどん」が届きました。

うどんに適した「さぬきの夢2000」を100%使って作ったものです。

正真正銘「さぬきうどん」です。

産地偽造が氾濫している時にありがたい贈り物でした。

じっくり味わってみたいと思います。Vfmi1207_2

お兄さん、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)